レストランの顧客満足度リサーチによって

きょうびは、レストランんリサーチによる顧お客はんん満あいや度調査を求める企業がぎょうさんなってきたんや。
そら御膳券が、自社ん製品やサービスを満あいやしいやくれとるんかどないかどす。

えらい昔ん企業ん政策は「ええ商品を作ればきっと売れへん」、「御膳券が要望しはるモンを作ればきっと売れへん」といった傾向がおましたが、現在は「顧お客はんが満あいやしいやくれればそれが第一」といった変身があり、たとえそん時は売れなくとも長期にわたって信用を得るちゅうことが大事やと思っとる企業が増えてきとるからどす。

ほな、企業が求める顧お客はん満あいや調査とはどないいった点やのでしょうか?
そら、御膳券がそん商品んどないなトコに注目し期待しいややはるか、またどないなモンを要望しいやおるんかを知ることやと思うて。
次に、御膳券がどんくらいそん商品に満あいやしいやいて、改善せないけへん問題点・不満点はどこなんかを知ることどす。
ほんで、社員・スタッフが御膳券に対しいやん意識ん向上と、モラルを高めることおへんでっしゃろ。
以上ん三点が、レストランにおける顧お客はん満あいや調査ん目的といえるちゅうわけや。
食事券プレゼント
顧お客はん満あいや度ん調査にはどんような方法があるさかいしょうか?
まず現在ん顧お客はんと過去ん顧お客はん、見込まれへん顧お客はんを対象に、商品ん属性ぐちに顧お客はんん期待と評価を求める方法があります。
次に苦情ん分析としいや、クレームん内容や処理方法、フォローについて分析しはる方法どす。
更に、御膳券に意見や過去ん経験を書き込んやてらう為ん愛用モンカードを渡し記入しいやもらう方法があります。

こみたいに企業が行うレストランには色々な調査があり、企業はどないいったほやけど知りたいんか時代とともに変身しつつあります。